AAA『COLOR A LIFE』 ドアームツアーファイナル

お久しぶりです。

先週の3連休、福岡で行われた『AAA COLOR A LIFE』のファイナル公演へ行ってきたので感想を書きたいと思います。

前回大阪の公演が台風で中止になって以来のAAA!

約2か月ぶりにグループ活動を目の前で見るために今回は新幹線でセミファイナルとファイナル公演を観てきました。

翌日には各紙スポーツ紙などでもその様子が報じられているので、ネタバレOKだと思ってますので、書いていきますね。

今ツアー、私は名古屋・大阪・そして福岡と全5公演鑑賞しましたが、観る席によっていろんな楽しみ方が出来ました。

しかも最終日はテレビ放送もされたので、帰ってからゆっくりとくつろぎながら録画鑑賞もしました。

そんな何度見ても楽しめるAAAのライブ。

今回はセトリも衣装も素晴らしかった

6人になって初めてのアルバムを引っ提げてのツアーで、既存曲をどのように織り交ぜてくるのか。

選曲も気になるし、毎回衣装も気になる。

そんな期待感満載のライブは、初めて見た名古屋ドームから最後の福岡まで素晴らしい公演ばかりでした。

幕が上がってメンバーが登場するシーンでは煙幕からうっすらと浮かび上がるメンバーのシルエットの美しさに息をのみ、

久しぶりのダンスナンバーでは激しく踊る彼らに目が釘付け。

紅一点の実彩子ちゃんの最初の衣装は激しく踊るときも静かに佇むときも彼女の美しさを際立たせていました。

AAAではおなじみの映像演出では何度見てもリーダーのところで笑ってしまい、真司郎や西島さんの部分ではあざといなぁと思ったり(笑)

日高さんは普段もあんな感じだろうなと思ったり、秀太はいたずらっ子の部分が可愛いなと感じたり。

実彩子ちゃんはどんな彼女でも可愛いなとうっとりしたり。

今回衣装替えが一つの演出の括りになっているようで、1つ目の白を基調にした衣装では大人なイメージでクールに歌い上げ、2つ目の青い衣装では仲の良い可愛い彼らが堪能でき、3つ目のチェックの衣装ではそれまでのふんわりとしたイメージをぐっと引き締めかっこいい彼らを観ることができ、4つ目のきらびやか(派手)な衣装では激しさとクール、パーティーチューンな感じでファンのテンションが一気に上がっていく選曲となっていました。

去年までも衣装と曲を合わせてはいたけれど、今回は特にぴったりだったなと思います。

個人的に好みなのが1番目の白衣装と3番目のチェックの衣装のときです

一つ目の括りの中で印象に残っているのは二曲目の『flavor of kiss』。

この曲は割と新しい曲ですけど、今回入ってくるとは意外でした。

大人な雰囲気と印象的なダンスで今のメンバーにとても似合っている曲なので聴けて良かったです

『C.O.L』は席によっては何をしているのかよく見えなかったんですよね。

去年のツアーの『S.O.L』に似ていますが、今回は小道具なしだったので、動きが小さくてちょっと見にくかった。

けどこの曲アルバムの中でもすごい好きで、どういう風な演出なのかすごく気になって毎回毎回しっかり見ようとするんですよね。

で、セミファイナルがアリーナ席だったので結構動きが良く見えました!

そこであぁこういう風にメンバーが動いているのかと

何このわちゃわちゃ!!可愛い

後日録画も見ましたが、生放送ではイマイチ映像がうまくなかったみたいですね。

アップばかりでなく全体像も見たいんですよ。

これはちゃんと編集した映像を今後期待したいと思います。

二つ目の括りである青い衣装の時で印象に残っているのは今回のアルバム曲『Gotta Me Love』。

この曲はリーダー・西島さん、日高さんと実彩子ちゃんの4人が歌っている曲で、アルバムを聴いた段階からどういう演出で来るのかいろいろ想像していた曲でした。

まぁ何と言っても私は実彩子ちゃん押しですし、西島さんと歌う曲は基本なんでも好きなんですけど、今回も最高に可愛く素敵な曲でした。

実彩子ちゃんの声に重なるリーダーと西島さんの声がそれぞれ良くて、演出では可愛いダンスと車や警備員さんとの演出がツボでした。

『Kiss The Sky』はアルバムで聴いた段階ではピンとこなかったんですけど、こうしてライブで見るとメンバーが楽しそうな雰囲気なのがいいなと思いました。小指ダンス??も真似しやすくて、特に秀太に目が行ってましたね(笑)

『Love Is In The Air』は少しお久しぶりですかね?

ダンスがところどころ変わっていましたね。最後のハートを描く部分が好きだなと思いました。

『First Name』は真司郎と秀太の二人のダンスナンバー。

今回私はほぼ秀太側だったので秀太のダンスにばかり目が行きました。

自宅で録画したのを見てみると二人が一緒に画面に収まっているものであればそれほど大きな差は感じなかったです。

でも、秀太中心で見ているとどうしても真司郎のダンスがずれているように見えて

動き方が違うんですよね。真司郎は全体的によく動いていて、秀太は静止する部分はちゃんと静止してたり、手の動きや肩など全体的にメリハリがあって綺麗だったなと感じました。

こういう新しい部分が見えるので、メンバー同士のユニットは今後もやってほしいなぁと思います。

3つ目の括り、チェックの衣装で始まった『Believe own way』は、今回のライブ一押しで好きな曲・演出でした。

特に日高さんのラップから西島さんの歌いだし。

照明の赤と黒。

観客を一気に曲の世界へと引き込んでいったのが印象的でした。

何度見ても、この曲の西島さんの衣装(眼鏡・手袋・ハイネック)と実彩子ちゃんの衣装(ベレー帽・ワンピ丈・下した髪型)が最高でしたこういうのを待ってました!!!

『僕の憂鬱と不機嫌な彼女』ではスクリーンに映るモノクロの実彩子ちゃんとメンバーが視界にうまく収まる瞬間が最高でした。

それから『tommoro』では移動式櫓の上でしっとりと歌い上げる彼らの歌声が、柔らかくて、優しくて、包み込むようで、聞き惚れてしまいました。

この曲を初めて聴いたa-nationでもその歌声に心が震える感じがして、目を閉じて聴き入る自分がいました。

最後の消えていく西島さんの声が特に好きです。

4つ目の括りのギラギラ衣装の時は『MAGIC』や『GAME OVER』などどれも盛り上がるアッパーチューンばかりでしたね

メンバーも楽しそうでしたが、観客も一緒になって楽しめる曲が多いのもAAAの魅力です。

本編最後『DEJAVU』では曲が最後に向かうほど高揚していく感じがなんとも言えません。

照明や舞台装置すべてが疾走感と高揚感を与える演出をしていて、本編が終わりなのに『まだ何かある』という期待感を感じさせてくれます。

この曲は今回のアルバムのリード曲ですが、今後も歌われることを期待したいと思います。

本編が終わり、アンコールではおなじみの曲に懐かしい曲が挟まれていましたね。

『逢いたい理由』は出来ればトロッコではなくフル尺で見たいなぁと思いましたが、生で聴けて良かったです。

『Jamboree!!』は可愛いAAAが見えて、楽しかった!

毎回毎回歌われる『ハリケーン・リリ・ボストン・マリ』

この曲は派手さはないですけど、AAAの本質があるような気がします(大げさ(笑))

でも、今回すべてにおいて、メンバーが楽しそうで、仲が良さそうで、観ているこちらが温かくなるようなそんなライブだったなと思います。

各MCでは今回実彩子ちゃん弄りが多かったですが、最後に日高さん弄りが観れたのもよかったし、

セミファイナルのMCでは真司郎の30歳誕生日ネタでメンバーみんなの仲の良さを改めて感じました。

10代20代の頃のようなベタベタしたような関係から、大人の関係へとみんな変化はしているけれど、たぶんグループでいる彼らは家族のような、ソロでステージに立っているときよりもきっとリラックスしている関係を築けているんだろうなとMCや曲の合間のやり取りを観ていると感じます。

真司郎が30歳を迎え、これでAAA全員が30代になり、ますます大人なグループへとなりましたが、

ここがホームとして変わらずにある未来を願っています。

さぁ今年は残すところ『after Party』のみですね!

かなりチケットは激戦と思われますが、行けたらいいなぁ

最後に、自宅で録画したライブ映像を見ていて思ったのですが、会場で聴いている音とだいぶ違うんですよね。

これは映画館でもそうなのかな?

毎回録画したものを見ると違和感を感じます。

やはり一番は生の音で聴くのがいいですね。

あとは編集された映像ですと生のにより近いように感じます。

どうしても生放送だと、観客の声を絞ったり、メンバーの声と音楽の音が均一になりすぎたりするのかな?

どうしても声が小さく聞こえたり、声の感じがその場でいるのと違うように聴こえます。

ぜひ、生で見たことがない人はAAAはライブが一番おすすめです