造作キッチンリフォーム⑥見積もり

造作キッチンのキッチンリフォームはやっぱりお高い!!

先日、キッチンリフォームにかかる見積もりが大体で揃ってきて、その金額の大きさに少々面食らっているkikoです。

いやはや水回りはお金がかかるとは聞いていましたけど、自分の予算の立て方が甘すぎたなというのを実感しています。

我が家のキッチンリフォーム予算

キッチンリフォームをするにあたり、自分たちでこれくらいならいいなと思ったのが500万円でした。

造作キッチンに300万。

その他内装と設備費に100万ずつくらい。

ちょっとオーバーするかもしれないけれど、これくらいならなんとかできるだろうと言う、淡い期待がありました。

特にそれについて裏付けがあるわけではないのですけど、なんとなく500万出せばできるんだろうという気持ちでした。

でも見積もりが出来てきたら、そんな甘くなかったです。。。

我が家のキッチンリフォーム見積もりの内訳

見積もりは造作キッチンを作ってもらう家具屋さんと内装をお願いしている大工さん、水道屋さん、ガス屋さん、電気屋さんの計5か所からいただきました。

当初の予定通り、家具屋さんの予算300万は見積もりが330万とそう変わりませんでした。

ガス屋さんも割とお値打ちで、想像通りでした。むしろ、コンロなどの機器は安く買えたかなという感じです。

逆に大工さん、水道屋さん、電気屋さんは想像していた以上の見積もりでした。

大工さんに支払う分だけで140万円、水道屋さん、電気屋さんにはそれぞれ30万円ほどでした。

これだけで予算を大きく上回り、ダイニングテーブルや照明器具、冷蔵庫などを一新する予定なので、それらを入れると650万円以上になりました。

予算を150万円現時点でオーバーです。

さらに壁や床を剥がしてみて、補修箇所が出ないとも限らないため、あと50万ほどは予備費として用意しておかなければ不安です。

合計700万。

当初予定していたよりも+200万円のオーバーです。

いや、こんなにかかるなんて想像していなかった。

ゴールデンウィーク明けから工事に入る予定で、予算がこうだから収めてくれとも大工さんに言えませんし、この+分は出すしかないなという感じですが、見積もりを見た瞬間に少しくらっとしてしまいました。

でも妥協してしまって後悔もしたくないので、しょうがないかなとも思います。

なかなか手を入れられない場所だからこそ、やはりこだわりたいという思いは私にもありますし、義父に相談したら妥協はしない方がいいと言われたので、ちょっと義父にも助けてもらって、なんとかしたいと思います。

キッチンリフォームはお金がかかる

キッチンリフォームを考えていただけの頃は、お金の面でもどれだけかかるのだろうか本当に想像もつかなかったですが、こだわればこだわるほど、何でもお金がかかるのが当たり前ですよね。

うちみたいに大手のリフォーム会社などを通さない場合は余計、見積もりが出てくるまでいくらかかるのかわからないです。

またランクを落とすというのも、大工さんにはお願いしにくいため、高額になりがちなのかもしれません。

出来上がってみないと最終的にいくらかかるのかもわからないですが、良いキッチンを作るというのはなかなか時間もお金も多分にかかる物なのだと経験して思いました。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ


にほんブログ村