古い和室の床をクッションフロアへDIY 廊下編

沈んだ廊下をクッションフロアへDIY

先々週初めて自分たちで行った和室の畳をクッションフロアに替えるDIYから2週間。

次はその和室横にあったフローリングの廊下の床を剥がして、和室と同じクッションフロアを貼りました。

そして隣の部屋との間にある古くて黄ばんだ襖も新しい壁紙を貼ってみましたよ。

上記は作業前の段階。

古い廊下のフローリングの床はところどころ沈んでいました。

襖は黄ばんで焼けていて、見るからに汚いです。

旦那さん、午前中いっぱいかけて床を剥ぎました。

これが結構な重労働!

横から飛び出した釘は糸鋸を使って一つずつ削り、フローリングを止めるために打たれていた釘は抜きました。

あとは根太だけ残して、その上に構造用合板を貼ります。

今回は構造用合板9ミリを2枚。少しだけホームセンターでカットしてもらって、家ではそのままはめ込むだけ。

その上にこの前の残りのクッションフロアを貼りました。

クッションフロア用のボンドは1キロをほぼ使い切りました。

襖は今回、前回のサンゲツの壁紙とは変えました。

無地の紫と紫系統の柄ものを二枚ずつ使います。

襖は今回『壁紙本舗』さんにて購入。

前回とのりの付き方が違って(のりが多めで)、ちょっと貼りにくかったです。

購入先によって糊の厚みも違いますし、前回は2m毎にカットしてもらえましたが今回は自分でカット。

値段は壁紙本舗さんのが高いですけど、対応は前回のお店のほうがよかったです。

壁紙の生地も関係あるのかもしれませんが、貼った直後は結構な皺でした。

でも色や柄はなかなかいい感じ。

3日後、弛んでいた襖もぴんと張り、部屋に家具を少し置くと、明るくて、広々とした部屋になりました!

あの古い和室が自分たちの手ですっかりいい感じの部屋に生まれ変わりました。

隣の部屋との間の襖も取っ払うと広々として、犬たちのちょうどいい遊び場になっています。

また時間が出来たら別の場所もDIYしたいなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村