イスタンブール一人旅 2014年2月2日

この日はトラムとバスに乗って新市街にあるオルタキョイへ。

やっと晴れ渡ったイスタンブールの空。

この日は朝からホテル近くの駅からトラムに乗り、市バスに乗り継いで新市街のオルタキョイ・ジャミィを目指す。

初めての一人バスはバスのシステムがわからず、周りの人にオルタキョイに行きたいと伝えることでなんとか目的地で降りることができた。

改修中のオルタキョイ・ジャミィ

しかし目的地のオルタキョイ・ジャミィはなんと改修中!

仕方がないので、広場で一人ぼうっと海を眺める。

以前来たときはここで友人とクンピルというじゃがいものファーストフードを食べたことを思いだす。

そうそう、あの時はここでスケッチもしたっけ。

そんな懐かしい思い出も思いだしつつ、しばらくした後次の目的地、タクシム広場へバスで移動する。

タクシム広場から旧市街へ向かってイスティクラル通りを歩いていく。

このあたりは若者の街という感じでショッピングスポットになっている。

ちょうどセールの時期のようで私もいろいろとお店を覗きながら歩いていった。

この通りから少し入っていくと、チチェキ・パサージュという昔ながらのアーケードがある。魚屋さんや八百屋さん、奥に行けば骨董品のようなものを扱うマニアックなお店まである。

さらに通りを下っていくと、昨日来たガラタ塔のあたりに出る。

ガラタ塔を通り過ぎ、歩いてガラタ橋を渡る。

このあと、またエジプシャンバザールを通り、問屋街を見て、グランドバザールをひたすら歩く、歩く。

この日の夕食はギョズレメ。

私はこれが大好きなんだけど、やっぱりイスタンブールで食べるより地方で食べる方が美味しいみたい。

食後は早々とホテルへ。

この日も歩き疲れて早めに就寝。

なんて健康的な旅なんだろう。