若年性認知症(前頭側頭型認知症)の義母の一日と現在の問題行動

同居の義母が若年性認知症と診断されてから2年以上が経ったが、初めのころに比べると義母の様子は落ち着いている。

といっても問題行動はいろいろとあるのだけれど、初めのほうにあったモノを壊すとか隠すという行動は今は落ち着いていて、薬のせいかなとは思うが活動している時間のほうが少ない。

そんな今の義母の一日の動きについての記録を残しておこうと思う。

2019年現在の義母の一日

今現在の義母は昔の仕事中心だったころに比べると夜型から朝方へと変わり、朝7時にはキッチンに降りてきて、本人曰く朝食だというα―1を飲み、それからまたひと眠りをする。

そして朝9時くらいに起きてきて、お昼ご飯だと言ってずいぶん早い昼食を食べる。

(だいたいがスーパーに売っているロールパンでそれをビニール袋に入れてレンジで温めたり温めなかったり。)

そしてまた夕方まで寝ているのか、部屋に籠ったまま出てこない。

部屋を覗くとテレビもつけず、天井をぼうっと見ていたり、寝ていたり。

今はまだ携帯ゲームもできるようでそれをしていたり。

夕方になると夜6時には必ずお寺のお鐘さんを突いてくれ、それが終われば郵便受けを覗き、家族の手紙など郵便物をキッチンまで持ってきてくれる。

そして日課のビールを片手にキッチンへ来て、夕食はまだかと催促する。

食事が終われば薬を飲み、私たちの食器を洗ってくれ、部屋へと戻る。

これが今のルーチンワーク。

時間も毎日することもほぼほぼ同じで、常同行動だと思われる。

義母の一週間

これが一週間になると毎週水曜日のデイサービスの日と、義父が予定の空いている週3日ほどは午前中に温泉に行き、昼食を外で食べて帰ってくることが加わる。

義母は義父に連れて行ってもらえる温泉をいつも楽しみにしていて、義父の予定を毎日確認している。

普段家ではお風呂に入らないのだが、温泉に行く前の日にはお風呂に入らないと連れていけないよと言い続けていたら、今では温泉に行く前の日にはお風呂に入ってくれるようになった。

現在の問題行動

問題行動はたぶん症状の進み具合で変わっていくのだろうが、現在の義母の問題行動はここ1年ほど変わらない。

お風呂に入らない、歯磨きをしない、服を着替えない、洗濯物を部屋にため込むなどの日常的なこと。

時間へのこだわりが強く、6時に食事と自分が思い込んだら6時に食事をしないと気が済まない。待つことができない。

この二つはもう1年以上悩まされていること。

そしてもう家族はあまり言っても効果がないとわかっているから、あまり口うるさく言わないようになった。

お風呂は先にも書いたが温泉に行くためには入らなきゃいけないと分かったみたいで温泉に行く前には入るし、服を着替えなくても死にはしない。

歯磨きは口臭の問題があるから迷惑だが、それでも死なないし、洗濯物を出さないのは着替えていないからほとんど出ない。

たまに下着を回収するけれど、山のように新しい下着があるので汚い下着が多少あっても困りはしない。

時間に関しては家族みんながイライラするが、聞こえないふりをしたりもする。

言語障害・意味記憶障害は前からあるがここ最近もどんどん進んでいるため、義母中心にみんな動けないことを説明してもわからない。

みんなで一緒に食事をしよう、まだ用意が出来ていないよ。

そういう簡単な言葉も理解できないから、何度も何度も同じことを言う義母の言葉に聞こえないふりをすることに慣れてきた。

最近発覚したお金の問題

ここ1年の間に義母は自分の銀行の暗証番号を忘れてしまったらしい。そのため自分でお金を引き出すことができなくなった。

それなのに義母の財布にはいつもお金がある。

自分がお昼に食べたいものは義父と買い物に行って自分の財布からお金を払うらしいが、いつまでたってもお金が無くなることがないらしい。

その代わり義父の財布からはよくお札が消えるらしい。

怪しいなと思っていたという義父。

そこで子供でも騙されないおもちゃの1万円札を財布に9枚入れておいたそうだ。

すると義母、偽物と気づかずそれを数回にわたり盗んだそう。

盗んでいたことよりも、偽物に気づかなかったことに驚いた私たち。

そこまでもう認知機能が衰えているのだろう。

そしてそれを外で出して使おうとしないか心配。

とりあえず義母の財布からそれを回収するか、もう義母にはお金を使わせないか。

お金はまだ自分で払うことができるらしいが、それもなんとなく怪しくなってきた。

そうやっていろいろできないことが増えていってるのだろう。

以前と比べると変わったこと

以前は義父が忙しくて温泉に連れていけない日があると自分で歩いて片道40分もかかる温泉に行ったり、歩いて20分ほどかかるコンビニまでビールを買いにいったりしていたがそれも今ではもうしない。

歩くことを諦めた、もしくはしたくないから選択肢にないのかもしれないが、いまだに義父の車を運転すると言って騒ぐことがある。

けれど、車のカギがどれか分からなかったり、車のカギの開け方がわからなかったり、結局車に入ることが出来なかったりと実際には車に入ることさえ出来ないことが増えた。

それでもまだ車を運転するというので、毎回それで義父は怒っているし、間違いがあっては怖いので私たちも車のカギに関しては義母の目の届かないところへ置くように気を付けている。

その他、家族の名前を間違えることが増えた。

この冬、その症状はどこまで進むのだろう。

それでもわりと穏やかに緩やかに進んでいるし、問題行動もそう大変ではないことがありがたい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ


にほんブログ村