ビールと若年性認知症の義母(前頭側頭型認知症)

今月からデイサービスを週2回に増やしてもらったものの、義母が行きたくないというもので、結局今週は1回しか行けなかった。

義母は自分の要求だけは声高々に主張するが、こちらのお願いには何一つ『うん』とは言わない。

取ってもらいたいものがあればあれとって、これとってとうるさいし、

欲しいものがあればあれ買って、これ買ってと買うまで言い続ける。

さすがに毎日毎日、自分では何一つやらない人の言うことばかり聞いてはいられない。

病気だとはわかっているけれど、本当にイライラとする。

だから今回デイサービスに行かなかったからいつも義母が夕食の際飲んでいるビールは没収した。

そしたらもうずーーーとビールがない、買いに行こう、車貸してと言い続け、なぜこうなったのか説明しても初めは聞かないし、わからないふりをする。

けれどそれでもこちらが折れないと、じゃぁデイサービスに二日行けばいいんだねと言う。

これは初めからわかっていて理解ないふりをしているのか、たまたまそう理解できたのかどちらなのだろう。

義母は昔から(病気でないときから)平気でうそをつく人だったから、どちらが本当なのかよくわからない。

主人もどうせわからないふりをしているだけだと言う。

そういうところもあるだろうし、まったく理解できていないところもあるような気が私はするから、その線引きが難しい。

理解してないからしょうがないと思って下手に出ていると、義母は自分がごねれば義父が言うことを聞くということを長い年月で学習している部分もあるように感じるし、

逆に私だとどんだけごねても聞いてもらえないとわかっているような気がする。

結局デイサービスの件は理解したようなので、次の条件を出して、お風呂に入ったら明日はビールをあげるよと約束をした。

そしたらその日は久しぶりにお風呂に入ったので、まだちゃんと理解している部分もあると思う。

そして次の日。

冷蔵庫に主人用に置いておいた500 ㏄のビールが一本無くなっていた。

義母がこっそり飲んだようだ。

飲んだでしょうと聞くと、話が分からないふり。

その手に持っている空き缶はなんなのかな??

結局この日もビールのことでイライラしてしまう。

約束をして、夜にはビールを出してあげようと思っていたけれど、義母は隠れて昼間からビールを飲むし、それを毎回ごまかす。

話が分かっているのか分かっていないのか、どこまでボケてるのかいないのか。

病気だと思うから優しくしなきゃと思うけれど、

どこまで病気なのか正常なのか、わからない。

義母のもともとの嘘つき具合が、本当にナチュラルすぎたから、その判断がなかなかできない。

というか、嘘を自然体でついていた義母だからこそ、こういう病気になったのかなぁとも思ってしまう意地悪な私。

冷静に、穏やかに、優しく。

なかなかそうやって何でも対応できるようになるのにはまだまだ私には無理らしい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ


にほんブログ村