華麗なるうそのつき方―前頭側頭型認知症の義母との攻防

前回も書いたけれど、義母のビールへの執着心がすごい。

家から10キロほど離れたスーパーまで歩いてビールを買いに行くこと2回。

今回もまたスーパーから電話をしてきて、足が痛いから迎えに来てという。

義父がビールを買ったの?と聞くと買っていないという。

何しに行ったの?と聞くと足が痛いから何も買っていないとか言う。

ビール買っていたら迎えに行かないよというと買っていないと言う。

信じちゃいないが、迎えに行かないわけにもいかず、主人に迎えに行ってもらう。

今回は買い物かごも買い物袋も持っていなかったらしい。

でも実際はカバンの中にこっそりビールが6本。

しっかりちゃっかり、当たり前のように、買っていた。

そして家に帰って、こっそり、いやバレバレなのだが堂々とまず一本を飲む義母。

そしてその1時間後くらいの夕食で今日の分のビールを飲むと堂々と言う。

さっき飲んでたでしょというと、知らないと華麗なる嘘をつく。

さきほど私の目の前で飲んでたのは何?と聞いてもわからないふり。

残りのビールをすべて取り上げると、それからずーーーとビールを返してと言い続ける。

『電話してきたときビール買ってないっていったよね?』

『買ってないよ』

『じゃぁ家にビールなんてないよ』

『ビール返して、お願い、私のビール5本あったでしょ?』

『お義母さん、ビール買ってないなら家にビールないでしょ?』

『ビール返して、ねぇ私のビールさっき持って行ったでしょ?』

『お義母さん、ビール買ってないって自分で言ってたでしょ?』

『…ビール返して』

こんな会話を何十回も繰り返す。

『お義母さん、さっき飲んでたよね、あれは何?』

『知らない』

『じゃぁ私も知らないよ、そもそも家にビールなんてないじゃん』

『ねぇ今夜のビールと明日の昼間に飲むのと、明日の夜に飲むのと、明後日の昼に飲むのと…(エンドレス)返して』

『お義母さん、一日一本って前に約束したよね、今日もう飲んだよね?』

『え、飲んでないよ。ねぇ夜の分ちょうだい』

こんな会話を何十回。

どういう風に対応するのがあっているのだろうか。

ビールを置いておけばそれこそ一日に2,3本は飲んでしまうし、ビールでおなか一杯になるのか食事はおろそかになるし、この前は飲み過ぎたのか吐いていた。

床やテーブルに吐いたそれを掃除するのはこちらだし、本当に迷惑。

取り上げたら取り上げたで、ずーーーと『ビール返して』と繰り返す。

結果こちらが根負けして与えてしまうことになるのだけど、一日1本は死守できる。

義母は自分の欲にだけ本当に忠実で、それが『ビール』なのだ。

決して暴力を働いたり、暴れたり、徘徊したりはしないけれど、

『ビール』に対する執着は地味に私たちを疲弊させる。

華麗につく『嘘』もどこまで理解してやっているのかいないのか。

それに対して私が返す言葉。

ばかばかしい。

理解しているのかいないのか、矛盾しているのに、私もわからないふりをして対応しているけれど、疲れる。

ビールが欲しけりゃ死ぬほど飲んでも本当は構わないよ。

それで静かになるのはわかっているから。

でも、ビールって体に悪いんだよ、一日に3本も飲んだら。

痩せていたお義母さんがいつの間にかかなりのビール太り。

健康に悪いのは一目瞭然。

だから取り上げているんだけど、なんかもうどうでもよくなってくる。

静かにしてほしいし、手を煩わせないでほしい。

だったらビールを与えておけばいいんだろうな。

でもなぁ、そうしてしまったらダメな気もする。

でも、ほんとーーーーに面倒くさいと思う毎日。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ


にほんブログ村