セックスレス夫婦の妊活

結婚して8年。

子供が欲しいとはなかなか思えなかった私たち夫婦が子供を持つにいたるまでのお話。

私たち夫婦のようにセックスレスでも子供が欲しい。だけどその方法がわからないという方や、不妊治療で悩んでいる方たちの参考になれば幸いです。

私たち夫婦の子供についての考え方

私たちはわりと仲の良い夫婦です。

2人ともインドア派なので積極的に外出することも少なく、家でのんびりしているのが好き。

犬を二匹飼っていて、この子たちが子供という感覚で、人間の子供が欲しいかと言われるとあまり真剣に欲しいとは考えていませんでした。

出かけるときはいつも犬優先。どこに行くのも犬たち中心の生活でした。

そしてそれが幸せで、それでいいと思っていました。

そんな犬中心の生活なので結婚した当時から子供が欲しいねなんて話も『まぁいつか出来たらでいいんじゃない』という風に常に思っていました。

そもそも結婚してからレスなので、どうやったら子供が出来るんだとも思っていましたし、レスを解消しようと思うのも面倒くさいので、お互いいつかコウノトリさんが運んできてくれたらいいねぇなんて、冗談のようにたまに話題になる程度でした。

気持ちの変化の訪れ

子供はいつかできたらいいなぁ。

コウノトリさんが運んできてくれたらいいなぁ。

そんな私たちの気持ちが変化したのはここ2年くらいの話です。

直接的なきっかけはわかりませんが、主人も私も30代半ばになり、周りの人たちが子供を育てているのを身近に見て何か思うところがあったからだと思います。

また私の場合、友人から不妊治療の話や女性の妊娠には年齢がすごく関係していることを聞いたからかもしれません。

それまでは両親や親せきに何を言われてもあまり気にならなかったし、知り合いに二人は選択子なし『DINKs』なのと言われても別に気になりませんでした。

それが30代半ばになり、子供を持てるのは女性には特に年齢が深く関係していて、もしかしたら今考えないと一生子供がいない人生になるかもしれないと思うようになりました。

子供のいない人生といる人生。

無意識にですがいつかは私にも子供が出来て、夫と子供がいる家庭を築いている未来を想像していたので、やっとちゃんと子供について考えようという気持ちになりました。

しかし、主人は以前に比べると頻繁に『子供が欲しい子供が欲しいなぁ』というようになってはいましたが、相変わらず頭の中はお花畑で『コウノトリさんが運んできてくれるかなぁ』なんて冗談を言うのです。

だからどこまで本気で子供が欲しいと思っているのか、子供が欲しいなら何かアクションを起こさないといけないのに、どう考えているのか分かりませんでした。

セックスレス夫婦の妊活

結婚してから長い間セックスレスの私たちには今更そういった行為をするというのがとても面倒であり、きっかけがつかめませんでした。

そのため私の中では子供が欲しいと思った当初から『不妊治療』をするということしか頭になかったです。

ですが主人はなかなか乗り気ではなく、不妊治療の説明会などがあってもなかなか病院へ行こうとはしてくれませんでした。

そのため、主人を説得する前に自分の体の検査など私が出来ることから始めました。

そして自分には特に妊娠において問題はないことが分かったため、主人にも検査を受けてほしいことを伝えました。

ここでも主人は検査を嫌がり、なかなか前に進みませんが、子供が欲しい欲しいと言うなら行動に移してほしいと若干切れ気味に言うとしぶしぶ検査へと動いてくれました。

それが2018年の12月初旬頃でした。

主人の検査の結果は芳しくありませんでした。もともとあまり性欲がなさそうな人でしたが、活動的な精子の数がすごく少なく、検査の結果病院側からも体内受精などの不妊治療を勧められました。

けれど本人は納得したくない様子で、ここにきてタイミング法から頑張ろうと言うのです。

私たちは結婚してからずーーーとレスなのに、今更?という気持ちが大きかったです。

とにかく私の中では面倒くさいというのと、今更恥ずかしいという思い、自分がもう30代半ばということもあり年齢的に少しでも早いほうがいいのにという思いがありタイミング法は一度試して失敗してからは回避するようになりました。

タイミング法を試みて結局セックスに至らなかった私たちは次に人工授精を行うことに決めました。

人工授精は検査などもろもろ含めて5万円~10万円以内で出来るので、成功率はそう高くはないですが取っ掛かりとしては始めやすいものでした。

たまたま初めて不妊治療専門のクリニックを訪れた頃が生理中だったので、その間にいくつか検査をし、排卵日を狙って一回目の人工授精を行いました。それが12月の半ば。

そして次の生理が来たのが年末頃。

一回目の人工授精は失敗でした。

結果がわかるまでの生理予定日頃の1週間は、毎日毎日ドキドキとしていて、ものすごく神経質になってしまいました。

もしかしたら出来ているんじゃないか、いやそんなに簡単に出来るもんじゃないだろう?

そういう気持ちが常に頭にありました。

これはかなり疲れました。そしてこれからも結果を待つ間ずっとその思いに囚われるんだろうなと思うとまだ人工授精一度目なのに嫌気がさしていました。

クリニックをちょっと休憩してみる

結局一回目では出来ることがなかった私たちは、もう一度人工授精にトライするべきか、それとも時間が惜しいのでその先に進んで体外受精をするのか話し合いをしました。

私としては刻一刻と体は年を取り、卵子も劣化していくこと、主人の精子が元気がないことなどの理由から体外受精を受けようという気持ちでした。

お金はかかりますが、1、2回であれば受けることもできます。

それでも出来なければ諦めて二人で生きていこうよと思っていました。

けれど主人は私とは考えが違い、もう少し自分たちで努力しようと言いました。

そこで私はクリニックに通うのをお休みし、主人の言う方法で自分たちで妊活することにしました。

主人の勧めるシリンジ法で妊活する

主人の自分たちで努力するための方法が、『シリンジ法』でした。

シリンジ法とは自宅で出来る人工授精のことです。

簡単に説明すると、専用のスポイトで精液を採取し、それを自分で膣の中へ入れるのです。

自宅でいつでも簡単にでき、費用もびっくりするほどかからないもので、初めそんな簡単な方法で妊娠できれば苦労しないわと思っていました。

我が家が購入したシリンジキットです。Amazonで今なら半額みたいです↓

半信半疑でそのシリンジ法を2か月ほど試しました。

2019年1月の排卵日付近では2日に一回という感じで数回だけ試しました。

これは生理が来てしまい失敗でした。

次回はもう少し頻繁にしようということで2019年2月の排卵日付近では前後に毎日試しました。

するとなんと2回目で妊娠することが出来たのです。

シリンジ法で妊娠する

半信半疑でしたが、自宅で簡単に出来る『シリンジ法』で私は妊娠することが出来ました。

クリニックは人工授精を1度したあとからお休みし、そのあとの2か月は自宅で『シリンジ法』を試しただけでした。

携帯アプリ『カラダのキモチ』を利用し排卵日を調べて、排卵日周辺の3,4日前から3日後くらいまで毎日朝晩シリンジ法を試す。

これだけでセックスレスの夫婦でも妊娠することが出来ました。

不妊治療クリニックに初めて行ってからわずか3か月余り。

びっくりするほど簡単に自力で妊娠することが出来ました。

妊活を振り返って

今回なぜこんなに簡単に妊娠できたのだろうかと考えたとき、いくつかこれが良かったのかなというものがあったので書いておきます。

  • 私の卵子が年齢よりも若かったこと。私は当時35歳でしたが卵子の年齢は20代半ばくらいだと言われました。
  • シリンジ法は自宅で簡単に出来るので、精子の動きが悪くても排卵日のだいぶ前から毎日試すことができたので無事卵子にたどり着く精子がいたのかなぁと。数打ちゃ当たるではないですが、回数を増やしたのもよかったのかも。
  • 主人が自分の精子の動きが悪いということが分かってからなるべくストレスをため込まないようにしたり、ビタミン剤などサプリなどを取るようにしたこと。

上記3つ以外にもやはり自分たちの体の状態を調べて何が良くないのか分かったうえで『シリンジ法』を試したのが良かったのかもしれません。

なので同じように試してみてもできない方もいると思います。

でも、セックスレスの方で妊活の方法に悩んでいる方がいたら一度この『シリンジ法』を試してみることをお勧めします。

また不妊治療をされている方でもしまだ『シリンジ法』を試されていないならこちらを一度試されるのもお勧めです。

何と言っても費用も安く済むし、家で簡単に出来るので、夫婦のタイミングを合わせるのが楽ですよ。

この記事にたどり着かれた方の参考になれば幸いです。

我が家が使ったシリンジキットはAmazonで購入しました。

今半額になっているみたいなのでお勧めです。